システムインテグレーション事業部

NEWS

TOP > NEWS > システムインテグレーション事業部はISMSを取得しました。

システムインテグレーション事業部はISMSを取得しました。

システムインテグレーション事業部は2019年10月 ISMSの認定を受けました。

 

 ISMSとは

近年、ITシステムやネットワークは社会インフラとして不可欠なものとなっているが、一方で標的型攻撃やランサムウェアなどによる被害・影響も多発している。こうした中、これらの脅威に対して適切にリスクアセスメントを実施して、企業における総合的な情報セキュリティを確保するためには、ISMSの構築・運用が必須事項となっている。

ISMSとは、個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスクアセスメントにより必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源を配分して、システムを運用することである。

ISMSが達成すべきことは、リスクマネジメントプロセスを適用することによって情報の機密性、完全性及び可用性をバランス良く維持・改善し、リスクを適切に管理しているという信頼を利害関係者に与えることにある。そのためには、ISMSを、組織のプロセス及びマネジメント構造全体の一部とし、かつ、その中に組み込むことが重要である。

<引用元:情報マネジメントシステム認定センターより抜粋>
https://isms.jp/isms/index.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加